ページ

2010年12月23日木曜日

来年はINORIを世界へ。


来年のクミコの活動について、サンスポに記事が掲載されました。

<世界で歌う!平和への願い> SANSPO.COM  http://bit.ly/dJyRE0
『一時帰国中、世界で放送される紅白へのクミコの出場を知った笹森さんは「紅白で私たち被爆者の思いが世界中の人に届けられることを願っています」と期待を寄せ、クミコも「この歌を日本国内だけでなく海外にもきちんと伝えていかなければと感じています」と使命感に燃えるコメントを寄せた。「いつかホワイトハウス(米大統領官邸)で歌いたい」という夢を持つクミコの大きな1歩になりそうだ。』

INORIプロジェクトは、そのサポートのひとつとして、
来年からクミコの歌を生でUst配信することを予定しています。
USTREAMの映像は国内外に同時配信されるので、
海外の方に直接「INORI~祈り」を聴いて(観て)頂けますし、
英訳の字幕をつけることで、歌にこめられた思いをきちんと伝えられると思います。
配信の日時が決まりましたらお知らせ致しますので、ぜひご覧になってみてください。

また、21日のスポニチには<クミコ「INORI」モデルの墓前で紅白出場報告>という記事が掲載されました。
そこにはこんなクミコのコメントが。
「来年はむしろ原点に返って私を育ててくれた小さなライブハウスなどで
新しい歌との出合いを求めていきたい。心に響く愛の歌を届けたい」
Sponichi Annex http://bit.ly/glxK6v

海外ライブでINORIを伝え、国内のライブで愛の歌を届ける。
どちらも沢山の人の心に届くよう、祈っています。
来年のクミコにどうぞご期待ください♪

2010年11月29日月曜日

皆様からのお祝いツイートをTogetterにまとめました。


11月24日「紅白出場歌手発表会見」後のクミコのツイートです。
ツイッターでもたくさんの「おめでとう」ツイートが流れ、一時はネットの
「検索キーワード」の1位が「クミコ」になり、公式サイトにもアクセスが集
中し何度もサーバーダウンに。紅白への注目度というのは、やはりすご
いものだと実感しました。それだけ禎子さんの祈りを多くの方に知って頂
けるということでもあり、大変有り難く思っています。            

皆さまからのお祝いツイートにはINORIプロジェクト(@orizuru_inori)から
出来るだけリプライさせていただいたのですが、とても追いつかず。当
日翌日とリプライやRTし続けているうちに、どこまでお返事したのか分
からなくなってきてしまったり。それで、という訳でもないのですが、ピック
アップしたツイートをTogetterにまとめさせていただきました。クミコ本人
にも「皆様からのお祝い」ということで印刷して渡すことにしたのですが、
A4の紙に極小フォントで印刷しても20枚もの枚数に。受け取ったクミコも
歓声をあげ感激しておりました。ツイートして下さった皆さまに改めて御
礼申し上げます。                                

「祝!クミコ<紅白初出場>」http://togetter.com/li/73693

(出来るだけ多くの方のツイートを載せたかったので、RTで重複している
ものなどは省かせて頂きました。検索で拾いきれなかったものもあるか
と思いますが、どうかご容赦いただけますように)             

又、クミコ公式サイトにも、クミコから皆さまへの御礼の言葉が掲載
されています。 コチラもご覧になっていただければ幸いです。 


クミコ オフィシャルサイト http://www.puerta-ds.com/kumiko/


2010年11月24日水曜日

第61回NHK紅白歌合戦にクミコが初出場いたします!


11月24日第61回NHK紅白歌合戦の出場歌手が決定。
クミコが紅白に初出場することとなりました。
(発表会見は、「コレ見てMOVIE」にて配信されています)


【INORI~祈り~】は「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんの
甥・祐滋さんが作詞作曲し、「より多くの人に伝えるためにぜひ唄って欲し
い」と、クミコに託した歌。この歌を沢山の方に聴いて頂き、禎子さんの祈
りを広く伝えることが、クミコとINORIプロジェクトのミッションでもあり、その
ためにはどうすればいいか、と考えながらこの1年尽力して参りました。  

NHKの紅白歌合戦は、子どもから大人まで、そして戦争経験者である
お年寄りも皆で見る番組。又、海外でも放送される番組でもあり、そこで
「INORI~祈り~」を唄うことはとても意義のあることだと思っています。
禎子さんの祈りは、戦争で辛く悲しい思いをしてきた方々の祈りでもあり、
又そのことを次世代に伝え、繋げていくためにも、クミコは「紅白に出なけ
れば」と思うようになったと言います。とはいえ、紅白は出たいと言って出ら
れるものではありません。                             

今回その願いが叶い、「初出場」となったのは、ひとえにクミコを応援して
下さった皆さまのおかげ。この歌を広く伝えていかなくてはという思いに賛
同・協力して下さった方々のおかげです。本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。紅白で唄うことで禎子さんの祈りが、より多くの
方の心に届くことを願っています。                        



2010年11月21日日曜日

「INORI~祈り~」店頭ライブ



10月20日亀戸「天盛堂」にて。
(撮影・写真上:クミコスタッフ 下:@gingermomoさん)

<今日は亀戸で店頭歌唱 昔ながらのレコード屋さん 
天盛堂さんで2時から お近くのかたぜひ>
クミコonTwitter 10月20日 11:27


______________________


10月24日千葉 成田 ユアエルム
(撮影・写真上:クミコスタッフ 下:@masabrさん)

「店頭歌唱」二日間終了 今度は日曜
成田のユアエルム  ってどこだ?>
クミコonTwitter 10月22日 8:51

 <明日成田ユアセルム 場所判明 京成線で
空港手前 ひやっ遠い 3時から>
            10月23日 8:19

<今日は成田ユアセルム 明日は広島原爆ドーム前 ああ 
こうして歌は街に流れる  息切れせぬよう しょぼしょぼまいろう>
            10月24日 9:36


______________________


11月1日 三重 鈴鹿ハンター 14時
(撮影・クミコスタッフ)

<今日は鈴鹿と名古屋でキャンペーン こういうのドキドキするけど 
もうドキドキしないって 決めたから 平気大丈夫 歌を届けるだけだもん>
クミコonTwitter 11月1日 8:04

<鈴鹿キャンペーン終了 演歌祭りのポスターに加わっている これまで来た
人の中で一番上手かったとオジチャンオバチャンに誉められる うれしい>
                  15:42
______________________


11月1日 愛知アスナル金山 18時~
(撮影・クミコスタッフ)

<名古屋金山到着 会場近くのハワイアンレストランでお茶 あったかい
カフェオレ飲んでもあったまらず ハワイアンが流れてるせいらしい>
クミコonTwitter 11月1日 16:46

<歌も水も いろんなほうに流れる 街頭で唄うとそれがよくわかる  
浸されたい人浸されたくない人 いろんな人がいる それでいいな>
          11月2日 8:19
______________________


11月6日 埼玉 イオン上里店 14時~/16時~
(撮影・@KumikoFanさん ライブは撮影禁止だった
ので、これはリハーサルの時の写真だそうです。
既にお客様がお待ちかねですね^^)   

<やっと帰京の新幹線 はらこ飯食らう 明日からキャンペーン三日間 
備えて蓄える気力と体力 ってことだな>
クミコonTwitter 11月5日 22:28    
______________________


11月7日 千葉 イオンおゆみの店 14時~/16時~
(撮影・写真上:クミコスタッフ 下:@masabrさん)

<今日は「おゆみ野」のイオン 明日は浅草 連日あっちこっち 
アタマがくるくるまわる    お近くの方ぜひ>
クミコonTwitter 11月7日 9:54


______________________


11月8日 浅草 ヨーロー堂
(撮影・写真上 クミコスタッフ 下2枚 @gingermomoさん


< 昨日浅草「ヨーロー堂」 後ろに富士山と桜 ああめでたい 壁には
名画座のポスター  ああ懐かしい CD買ってくださったおじいちゃんたち
 おうちにCDプレイヤーあるのか心配 でもうれしい ありがとう >
クミコonTwitter 11月9日 10:09


______________________


9月から2ヶ月にわたって各地で開催した店頭無料ライブ。
足を運んで下さった方にお願いして写真を提供して頂きました。
(但し、札幌だけ写真がありません。もし札幌のミニライブに行か
れた方で写真をお持ちの方がいらしたら、ぜひご一報を)   
ここに掲載したミニライブについては、プロジェクトスタッフが行け
なかったので、レポができず申し訳ありません。が、クミコ自ら
ツイッターで呟いていたので、それを一緒に掲載してみました。
レポよりもこの方が臨場感があって良いかもしれませんね^^

尚、上尾、川崎、小岩・錦糸町、大宮でのミニライブには
プロジェクトスタッフも馳せ参じましたので、個々にアップして
あります。そちらもご覧頂ければ幸いです。         





2010年10月29日金曜日

「クミコになって10周年記念謝恩会」


10月27日、「クミコになって10周年記念謝恩会」が開かれました。
作詞家の松本隆さんプロデュースによるアルバム「AURA」をリリースしたのが、
2000年9月20日。その松本さんに勧められて、それまでの「高橋クミコ」を「クミコ」
と改名。そして10月21日には「AURA」発売記念コンサートを世田谷のパブリック
シアターで開催。それからちょうど10年。ということで、この日の謝恩会はこの10年の
間にクミコがお世話になった方々、クミコに関わってくださった方々をお招きしての謝
恩会だったそうです。                                      

ツイッターでは、松本隆さんはもちろん、謝恩会に出席された方々がリアルタイムで
会の様子をツイートして下さったことで話題になり、29日には夕刊フジに記事が掲載
され、「ワイドスクランブル」の「夕刊ウォッチャー」に取り上げられたことから、沢山の
ツイートが流れました。謝恩会にも出席された有田芳生さんは、わざわざ夕刊フジの
記事を写真に撮ってアップして下さいました。http://twitpic.com/322gw9     

この謝恩会にはヒロシマガールズの笹森さんも駆けつけて下さり、そこで笹森さんは、
『クミコの「INORI~祈り~」を聴いてほしい』と手紙にしたため、INORIのCDと共にアメ
リカ大使館に送った、と話されていたそうです。夕刊フジの記事にも『平和のために歌い
続けてほしい。娘のように思っている』という笹森さんの言葉が記され、『「オバマ大統領
に聴いてもらえるようにがんばりましょう」と互いに誓い合い、抱き合っていた』と結ばれ
ていました。                                             

この一連のツイートを又Togetterにまとめましたので、よろしければご覧ください。

「クミコ10周年の誓い」 http://togetter.com/li/64183


2010年10月25日月曜日

NHK「歌謡コンサート」

10月19日NHK[歌謡コンサート」にクミコが出演致しました。
「歌謡コンサート」サイトの番組内容には、
『8月24日放送の「歌コン最前線」で注目を集めたクミコさんの「祈り」』と。
8月の放送後、ツイッターでもたくさんの反響ツイートが流れ、
その中には感想やリクエストをNHKへ送りました、というものもあり、
今回の再出演は、その声が届いた証しなのでは、と思っています。
本当にありがとうございました。あらためて御礼申し上げます。

で、今回の「歌謡コンサート」の後にも、以前にも増してたくさんのツイートが。
しかも今回は当日だけではなく、翌日も翌々日もツイートが入ってきて、
反響の大きさに驚きました。
皆さんのそのツイートを集めてまとめてみましたので、
ぜひご覧頂ければ、と思います。

Togetter:クミコ「INORI~祈り~」@歌謡コンサート(2010.10.19)
http://togetter.com/li/61021

そして今回はツイッターだけではなく、ブログにも書いて下さった方が。
中でも大きな反響があったのは、北斗晶さんのブログ記事でした。
【北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る】
http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-10681781436.html


北斗さんは以前広島のTVでお仕事をされた時、
その時に子ども達を平和記念公園に連れて行き、
禎子さんのことをお話しされたのだそう。
息子さんにも禎子さんの本を買ってあげた、ということで、
「歌謡コンサート」で「INORI~祈り~」を聴き、
クミコの歌に衝撃を受けた、と。
「親のあたし達は子どもに伝えなくては」と母から子へ伝える歌として、
皆も聴いてみて、と呼びかけて下さっています。


19日の夜中にツイッターとネットをひたすら検索していたとき、
この記事を見つけて、本当に嬉しかったです。
北斗さんの優しさ、あたたかさが伝わってきて、思わず涙が。
ぜひ皆さまもご一読頂ければ嬉しいです。


19日の歌謡コンサートをご覧になった方へ。
よろしければ、あなたの声を。
どうぞよろしくお願いします。
http://bit.ly/brf0Sm

*その他にもブログを書いてくださった方が何人も。
又あらためて掲載させて頂きます。

2010年10月21日木曜日

クミコ・ミニライブ@錦糸町


10月21錦糸町「セキネ楽器」にてクミコ店頭ライブ。
錦糸町の駅前にあるセキネ楽器さんも、小岩の音曲堂と同じように
「レコード屋さん」という佇まい。ただこちらは間口一間ほどの小さなお店
なので、ライブは店内ではなく店頭。いや店頭というより隣のビルのショー
ウィンドーの前に置かれた「台」がステージ。屋根も庇もありません。が、
錦糸町に着いたときには、まだパラパラと降っていた雨も、ライブ開始時
間には奇跡のようにやんで、無事、開演。                  


開演の前から待っていて下さったお客様に加えて、道行く人が足をとめて
聴き入って下さいました。一曲歌うごとに増えていく観衆。店頭ライブという
よりも「街頭ライブ」。まさに「街角に流れる歌」でした。            


クミコの視線の先には、お母さんと手を繋いだ4,5歳の女の子。その隣り
で開演前から待っていて下さったのは70過ぎと思われる‘おばあちゃん’
最初から最後まで最前列でじっと聴いていて下さいました。         


思いがけぬことに、「INORI~祈り~」という歌は街によく似合う歌でした。
じっと聴き入ることのできるコンサートホールのような所の方が、禎子さんの
思いが深く伝わるのでは、と思っていたのですが、ざわざわとした街の気配
をバックに聴くと、この歌がより近しいこととして実感できるような気がしまし
た。禎子さんの祈りは、今ここに居合わせている人たちみんなにとっての「祈
り」でもあるのだと、そう思えて胸がつまりました。「INORI~祈り~」を歌い終
えた時の拍手は一際大きく長く、駅前ロータリーの上にあいた空に向かって
渦を巻きながらのぼっていくようでした。もしかしたら禎子さんも空から拍手を
送ってくれていたかも。                                


サイン会はお店の奥で。順番を待つお客様とサインをしてもらって
帰るお客様がすれ違うのがやっと、という小さなお店。ライブの途中
にふと足を止めて聴き入っていたスーツ姿の30代と思しき男性は、そ
の列を見て躊躇されていたようですが、やがて意を決したようにCDを
買い、列の最後に並んで下さいました。                  

そういえば以前朝日新聞に『戦争 知らぬ世代も歌う』(8/8)という記事
が掲載されたことがあります。『歌手のクミコは、平和への願いを込めた曲
「INORI」を、各地で歌い継いでいる』と。http://bit.ly/bzhNoh  

「INORI~祈り~」は、原爆の子の像のモデル佐々木禎子さんの甥・祐滋さんが
創り、「より多くの人に聴いて貰いたい」とクミコに託した歌。ひとりでも多くの方
に聴いて頂く為、18日の川崎を皮切りに、クミコは各地のショッピングセンターや
「レコード屋さん」で無料のミニライブを開催しています。もちろん全国各地でホー
ルコンサートも行なっています。新聞の記事にあったように今日も明日もクミコは
「INORI~祈り~」を唄い継いでいます。お近くの方はぜひ、この機会に「生」で
聴いてみてください。心よりお待ちしております。http://bit.ly/bOsEKa      



クミコ・ミニライブ@小岩


10月21日小岩「音曲堂」にてクミコ・ミニライブ
昭和の香りが色濃く残った「音曲堂」さん。
「レコード屋さん」と呼びたいような佇まいが素敵。


店内がまたすごいです。演歌歌手であれば知らない人はいないというお店のよう。
クミコは演歌歌手ではないのですが、今の時代の音楽はJPOPか演歌のどちらか
になるようで(USENなどのジャンル分けもそうなっています)、そのどちらでもない
クミコのような歌手はちょっと困惑することもあるのですが。でも「歌謡曲全般」は演
歌ジャンルに入るとか。以前からジャンルにこだわらず「街角に流れる歌を唄いた
い」と言っているクミコ。なのでこういう町に深く根づいた「レコード屋さん」でミニライ
ブを開くことができるのは、有り難いことでもあるのです。               


外は冷たい雨が降る、生憎の空模様。が、3階にある小さなホールはお客様
の熱気で暑いくらい。昨日の亀戸に続いて今日も来て下さった方もいて嬉しい
限り。こじんまりとした場所なので、お客様の迷惑にならないよう、ライブ中は撮
影を遠慮していたので、これはライブ終了後の写真。携帯で撮ったら、なぜか
紗が掛かってしまいました。でもこれはこれでキレイかも?(笑)        


この日は嬉しいサプライズが。
クミコの古くからの友人ナポレオンズのボナさんがいらしていて、なんと飛び入りで
マジックを!昭和の香りのする舞台(クミコ曰く「演芸場」のような)が又独特の味わい
でクミコもお客様もリラックスした雰囲気。終始笑顔のライブとなりました♪       


記念写真をパチリ。
さてこれから次の場所へ。外はぱらぱら雨模様。この音曲堂さんは屋内
でのライブでしたが、次の錦糸町は「店頭」ライブ。雨が激しいと中止という
ことも。さて、どうなりますか……。                        


2010年10月18日月曜日

クミコ・ミニライブ@川崎


10月18日(月)川崎アゼリア クミコ ミニライブ(18時~)

「歌謡コンサート」出演の前夜、川崎地下街アゼリアにてミニライブが開催されました。


平日の夕方だというのに、リハーサルの頃から待っていて下さった
方が沢山いらっしゃいました。通りがかりに足を止め、最後まで聴き
入ってくださった方も多く、人の輪がどんどん大きくなっていきました。


クミコが現われたとたん、すぐ後ろから一際大きな拍手が。
驚いて振り向くと「クミコさん大好きなんです。もう嬉しくて」と、
満面の笑み。こちらまで嬉しくなってしまいました(笑)     
「INORI~祈り~」を唄う前のMCで禎子さんの事を話すと、 
年配の方々は頷きながら聞いていらっしゃいました。      
歌が始まると、今度はスーツを着た男性が何人も足をとめて、
聴き入っていらっしゃったのが印象的でした。          

ライブのあとはサイン会。言葉と笑顔を交わしながらのサイ
ン会はいつも和やかな雰囲気。今回から会場でCDを買って
下さった方には、特別に小さなプレゼントが。          
クミコ初のノベルティグッズ、「INORI~祈り~」メモパッド。


平和への関心が高まる8月が終わっても、禎子さんの祈りを伝えたい、
ひとりでも多くの方にこの歌を聴いて頂きたい。そんな想いでクミコは各
地のCDショップやショッピングセンターでミニライブを開催しています。 
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。そして又、「INORI~祈り~」
を聴いた感想、要望等、あなたの「声」を届けて頂ければ幸いです。  
「よかった」のヒトコトでも結構ですので。どうぞよろしくお願いします。  
声の送り先など ⇒ http://www.wdd.jp/kumiko/IP/okuritai.html



2010年10月17日日曜日

「INORI~祈り~」の奇跡

クミコの元に届いた1通の手紙。
そこに書かれていたのは、驚くべきことでした。
「INORI~祈り~」という歌が起こした、「奇跡」。
お手紙の一部をここに転載させていただきます。

----------------------------------------------
クミコ様へ


先日は、リハーサル前の多忙の中で会って下さいまして誠に
有り難うございました。INORI「祈り」の曲のすばらしさ、広島の
受けた痛みそのものが一つになっているメロディと思い聴いて
います。そして、この曲で奇跡が起こりましたことをご報告致します。


私の友達のご主人が高い所から転落しました。脳挫傷と診断
され、「95パーセント助かりません」と医師から宣告されました。
友達が私に「私の主人は、テレビで聴いた佐々木禎子さんの
ことを歌った曲が好きで、”良い曲じゃー”と言っていたんよ」と、
言ってくれたのです。


私は友達にお願いして、ご主人のために、アカペラで耳もとで歌
わせて欲しいことを伝えると、友達が即、病院の方にお願いをして、
病院側から許可がおりて、二人だけのミニコンサートを病室でしました。


すると、ご主人の目が開き口を開けて動かしたのです。その後
熱も下がり、9月28日には、脳の手術が出来ることになりました。


好きな曲がクミコさんの「祈り」だったことも驚きましたが、命はもう
助からない宣告から、今は生還されて、リハビリの計画まで、今は
進んでいます。クミコさんの悩まれ苦しまれたこれまでの歩みの中
での今、私の友達は、この曲は光そのものと語っています。(呉
国立病院で頑張っています。)いつもいつも応援しています。
----------------------------------------------

この手紙を書かれた坪池さな江さんは、以前から「一度クミコさんにお目にかかりたい」と仰られていて、9月4日広島市民芸術祭のリハーサルの時にクミコとの対面が実現したそうです。その時、坪池さんは「クミコさん、山縣明久さんをご存知ですか」と。「存じています。銀巴里でご一緒したこともありますし」とクミコが答えると、坪池さんとお友達はその山縣さんにシャンソンを習われていたそうで、でも残念ながら山縣さんは3年前に54歳で急逝されたとのこと。

山縣さんは「平和への祈りを歌に込めた」チャリティーコンサートを何度も開かれ、しかも驚くことに「祈り」というオリジナルの歌を唄われていたといいます。生前から「平和を唄う
シャンソン歌手」が現われることを願ってもいた、と。だからクミコさんが「INORI~祈り~」という歌を唄ってくれて本当に嬉しい、と坪池さんは目を潤ませながら仰っていたそうです。

それから暫くしたある日、このお手紙がクミコの元に届いたのでした。坪池さんは10月11日の広島「はつかいち文化ホールさくらぴあ」でのコンサートにもいらして、終演後の握手会の時に、お友達のご主人が目を開けた時の写真をクミコに見せてくださったそうです。

生死の境を彷徨っていた方が、「INORI~祈り~」という歌によって目を開き、その後回復に向かっておられるということは、まさに「奇跡」。が、それだけではなく、クミコと面識のあった山縣さんが「平和への祈りをこめた歌」を唄っていたということ、そして自分の後を担う歌い手が現われることを祈っていたということにも「奇跡」のような縁(えにし)を感じます。

ヒロシマガールズの笹森恵子さんは、「この歌を唄うのがあなたの使命」とクミコに仰っていましたが、クミコが「INORI~祈り~」を唄うことになったのは、何か大きな力に導かれてのことだったのかも。この奇跡の物語を聞いたとき、そんなことさえ思ったのでした。



・山縣明久さんの生前の活動はこちらに掲載されています。
ブログ「山縣明久」
http://blog.goo.ne.jp/chanson_001
・お手紙の転載を承諾して下さった坪池さんに、心より御礼申し上げます。






  

2010年10月11日月曜日

折り紙の禎子さん



10月9日福岡イムズホールでの「クミコ コンサート2010 INORI~祈り~」
なんと高校生の男の子が、この折り鶴を。
彼はクミコの「INORI~祈り~」を聴いていたく感動し、
「原爆の子の像」と禎子さんを「折り紙」で折ろうと思い立ったのだそう。
元々折り紙を折るのが好きだったということですが、それにしても、すごい。
どちらの禎子さんも愛らしくて、彼の優しさが滲みでているような。
白い病室の禎子さんが手にした小さな赤い折り鶴に胸が熱くなりました。
感激したクミコは、この折り鶴を11日の広島でのコンサートでもお披露目したそうです。
その気持ち、分かりますよね。


こちらは、なんと鉄製の折り鶴。
芸術作品のように美しいです。
鉄製なのに冷たい感じがしないし、柔らかそうに見えるのが不思議。



そしてこちらは、ビーズの折り鶴。
すごいですねぇ。なんだか宝飾品のよう。


どれも暖かな想いと祈りがこめられた折り鶴たち。
大切にします。
本当にありがとうございました。


2010年10月6日水曜日

クミココンサート@松本




10月6日「クミココンサー2010 INORI ~祈り~」長野県松本市Mウイング文化センター
秋の松本ということで近隣のお客様だけでなく、遠方からのいらした方も多かったよう
で、ツイッターでも色々な報告を頂きました。クミコファンの方に写真を頂戴しましたの
で、ここに載せさせて頂きます。当日はお天気もよくて、まさに旅にはうってつけの季
節。昼はゆったりと観光、散策、そして夜はコンサート。こんな旅もいいものですよね。



この日、クミコはスタッフと共にマイクロバスでの往復だったそうで、公演後
バスの出発まで時間がなく、残念ながら握手会はなかったそうです。出発間際、
ロビーにてお客様達と記念写真。皆さまのお顔を出すことができないので、クミ
部分だけトリミングさせて頂きました。                      
 


今回、長野でのコンサートは、主催者の都合により急遽会場が変更になる、
というアクシデントが続き、お客様には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳
ありませんでした。心からお詫び申し上げます。                 

当初の予定より小さなホールとなってしまったのですが、当日いらしたお客様
によれば、大きなコンサートホールとは又違う良さがあったということで、ほっと
ひと安心。まるで大きなライブハウスのような熱気があり、クミコもリラックスし
ていたようで、会場は終始和やかな雰囲気だったとか。これはこれで貴重なコ
ンサートになったのかもしれません。まさに一期一会。松本近隣のお客様から
も、又長野で公演をという言葉を頂き、本当に有り難く思っています。足を運
んで下さった皆さまに心から感謝を。                        


              *写真提供 @gingermomo さん 有難うございました!
 

2010年10月4日月曜日

クミコ on Twitter(INORI~祈り~)

クミコがツイッターを始めてから5ヶ月が経ちました。
その間に呟いた「INORI~祈り~」に関するツイートだけを集めてみました。
これを読むとクミコのINORIへの想いが分かって頂けるのでは、と。




http://togetter.com/li/56243

クミコのツイッターアカウントはこちら。
@kumiko926
http://twitter.com/kumiko926

2010年9月5日日曜日

クミコ・ミニライブ@上尾


9月5日。埼玉県上尾ショーサンプラザにてミニライブ。
果たしてどのくらいのお客様がいらして下さるのか、と、
ツイッターでも何度か呼びかけたりしていたのですが。
行ってみれば、開演前からすでに席が埋まりつつあり、
開演時には、吹き抜けのセンターコートにいっぱいのお客様が。





曲目は、「愛の讃歌」「届かなかったラブレター」「五月の空」「INORI~祈り~」





ミニライブは14時からと16時からの2回。
一回目を観て、そのまま残っているお客様もたくさんいらしたので、
1回目と全く同じでは申し訳ないというクミコの思いから、
急遽2回目のステージでは「五月の空」を「一本の鉛筆」に変更。





「INORI~祈り~」では会場の空気がクミコの歌声に集束し、
ショッピングセンターの周囲のざわめきも次第に鎮まり、
歌が終わると拍手と共にアンコールの声が。
こういうイベントでアンコールがかかるのは珍しい、と、
会場スタッフも驚いていました。

通常、アンコールではたいてい軽快な曲を唄うことが多いのですが、
イベントでのアンコールは想定していなかったので、演奏のカラオケがない。
なんだかシリアスな歌ばかりで申し訳ない、と言いつつ、「わたしは青空」を。
でも会場にはまだ「INORI~祈り~」の余韻が残っていたので、
同じく「命」を歌った「わたしは青空」にも聴き入っている方が多かったような。




CDを購入された方には、サイン会の特典が。
ひとりひとりと言葉を交わしながらの、なごやかなひとときでした。





最後にはなんと撮影会まで。クミコのイベントでは滅多にないことで、
ちょっと恥ずかしそうなクミコがなかなかキュートでありました(笑)

______________________


8月を終えた今、ちょっとあらためて「INORI~祈り~」について、そしてこれからのこと。

「INORI~祈り~」の作詞作曲者である佐々木祐滋さんは、「原爆の子の像」のモデルである禎子さんの甥。12歳で亡くなった禎子さんの思いを「より多くの人へ届けるために、ぜひ唄ってほしい」と、この歌をクミコに託しました。広島に縁もなく、近しい人に被爆者もいない自分がこの歌を唄うことはできない、そう言って辞退したクミコに、「第三者が歌うからこそ、広く伝わるということもある」と。祐滋さんのその言葉に、それならばとクミコは唄うことを決めました。

「INORI~祈り~」は平和を祈る歌ではあるけれど、「ひとりの少女」の歌でもあります。生きたいと強く願う少女に「命の尊さ」を思い、辛くても笑顔を見せる少女の「人を思いやる気持ち」に心を打たれます。「平和」という言葉は大きすぎて漠然としているけれど、この少女の祈りは私たちにとっても身近なもの。生きとし生ける者にとって共通する、INORI。

そんなINORIを形にすることで禎子さんの思いを身近に感じてもらえれば。そう考えて「折り鶴」を広島へ届けるINORIプロジェクトが発足しました。賛同、協力してくださった皆さまのおかげで、そのミッションは無事に遂行することができました。が、祐滋さんがクミコに託した「この歌をより多くの人へ届ける」というミッションはこれからも続きます。

クミコは9月から全国各地でコンサートを開き、そこで「INORI~祈り~」を唄います。INORIプロジェクトは、今まで通りINORIツイートを呼びかけると共に、この歌をたくさんの方に知ってもらえるよう、日々ツイートしています。より身近な「命の歌」として皆さんの心に届くことを祈りながら、こつこつと。8月は終わりましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

公演情報はこちらにて⇒クミコ公式サイト http://www.puerta-ds.com/kumiko/



2010年9月2日木曜日

NHK「SONGS」

9月1日NHK「SONGS」にクミコが出演致しました。
「SONGS~心に響く歌2010」
今年注目を集めた歌3曲の特集番組。
以前から、クミコをSONGSに、という声があったからか、
終了時間が11時過ぎにもかかわらず予想以上のツイートが。
ありがとうございました。
感謝をこめて、貴重な皆さまのツイートををまとめてみました。
(検索結果全てではありません。できるだけ沢山のアイコンを載せたかったので、
 おひとりで沢山ツイートして下さった方、全部載せられず申し訳ありません)

クミコ「INORI~祈り~」@NHK/SONGS

2010年9月1日水曜日

御礼



「お送りいただいた折り鶴は、8月6日、広島の空に飛び立ちました」

コンサートやライブで折り鶴を折って下さった方々、
INORIツイートで折り鶴を折って下さった皆さま、
本当にありがとうございました。
出来ることなら皆様ひとりひとりに御礼状をお送りしたいところですが、それもなかなか難しく。
この場を借りて、心から御礼申し上げます。

事務局へ折り鶴を送って下さった方は、お名前やご住所が分かるので、
御礼状をお送りしていますが、コンサート会場や広島へ千羽鶴を持ってきて
下さった方の中には、ご住所が分からない方も。もしお心当たりがありましたら、
お手数ですがご一報頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。

2010年8月29日日曜日

NHK歌謡コンサート(2010.8.24)

8月24日NHK歌謡コンサートでクミコが「INORI~祈り~」を唄いました。
ツイッターではオンエア中からINORIに関するツイートが流れ、
番組終了後にも反響があったため、それらのツイートをまとめてみました。
(検索結果すべてではありません。できるだけ沢山の方のアイコンをお載せしたかったので。
 おひとりでいくつもツイートして下さった方、全てを載せられずすみません)
感想をNHKに送りました、というDMを下さった方もいらっしゃいました。
ありがとうございます。
皆さまへの感謝をこめて。

クミコ「INORI~祈り~」@NHK歌謡コンサート(2010.8.24)



2010年8月6日金曜日

感謝。そして、これから。


おかげさまで8月6日の広島へ、6万5千羽の折り鶴を無事届けることができました。
ありがとうございました。


折り鶴は広島の青い空に飛び立ちましたが、
「平和への祈り」をこれで終わらせてはいけないと思っています。
ツイッターでのINORIツイートは今もまだ続いています。
そしてこの「INORI~祈り~」という歌をたくさんの方に聴いて頂くことで、
世界中の人と「祈り」の心を繋げていけたら、と思います。


禎子さんが教えてくれた「命の大切さ」「人を思いやる心」を忘れずに。
「憎しみからは何も生まれない」という祐滋さんの言葉、
「憎しみの連鎖ではなく、愛の連鎖を」というクミコの言葉を合い言葉に。
いつの日か「INORI」が世界共通の言葉となるよう祈っています。

クミコの「INORI~祈り~」、そしてINORIプロジェクトを、
これからもどうぞよろしくお願い致します。


Your Orizuru was delivered to HIROSHIMA on 8/6 2010 
but as our Wish for peace never ends please continue 
              sending your tweets.
(for Movile:Tweet your wish for a peace with  #ORIZURU )


----------------------------------------------

8月6日午前10時



平和記念公園は車が入れないので、橋のたもとの駐車場で箱を開け、
ここからは人力で運びます。

全国各地から送ってくださったもの、クミコのコンサートで折って頂いたもの、
INORIツイートによって飛び立った折り鶴を、クミコとINORIプロジェクトスタッフが紙で折ったもの。
あわせて6万5千羽。
(千羽以上の千羽鶴も沢山あり、現地に届いたものもあったので実質的には7万羽近く)
千羽鶴で送ってくださった方もありましたが、半分以上は1羽ずつの折り鶴。
それらを全てクミコとスタッフで(作業日、皆勤賞だったのはクミコただひとり)、
糸で繋いで束ねて千羽鶴にして梱包し、ようやくこの日を迎えることができました。





いざ、行かん。
スタッフが片手に折り鶴、片手にカメラ、で撮ったものなので、少々ピンぼけですがお許しを。




この日は快晴。ものすごい暑さでした。空が哀しいほどに青かった。
65年前の朝もこんな青空だったのでしょうか。




ついに、禎子さんの元へ。



数が多いので、折り鶴ブースに吊るすのも、ひと騒動でした。
でも、クミコと祐滋さんがひとつひとつ大切に納めました。



ツイッターでINORIツイートをして下さった方のIDネームを一覧にして、
折り鶴と共に、折り鶴ブースに奉納しました。



みんなで禎子さんに手をあわせ、心をこめて祈りました。

INORIプロジェクトに賛同、ご協力くださった皆さま、本当に有り難うございました。
クミコ、そしてスタッフ一同、心から御礼申し上げます。